ホーム |  長田センターとは |  お知らせ |  掲示板 |  予定表 |  Q & A |  お問合せ | 
サイト内検索
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
オンライン状況
31 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 掲示板 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 31

もっと...
アクセスカウンター
2017/05/26:474/7226
2017/05/25:504/6542

2017/04/26より2992/200930

返信する: 東北地方太平洋沖大地震 諸団体・維持会員等の被災地活動速報



オプション

参照

特に10〜30歳代前半の若い人に多いという。
投稿者: バイアグラ 投稿日時: 2016-12-21 12:43
低血糖症の原因は主に、糖質の過剰摂取、腸管の吸収が早過ぎるといった問題、遺伝的素因などによる。年齢や性別に関係なく起こり得るという。症状について、溝口院長は「うつ病、パニック障害といった精神疾患ととらえられるようなものや、頭や首、お腹、背中などの体の痛みとして出る場合もあります」と説明。症状が多岐にわたるため、MAXMANある特定の症状から低血糖症と判断するのは難しいという。
血糖値の変化で3タイプに分類
同クリニックでは、糖負荷検査によって診断を行っている。ブドウ糖75グラムを含む飲料を空腹時に飲み、その後5時間の経過観察を行う。溝口院長は、血糖値の変化の傾向によって、症状を「反応性低血糖症」「無反応性低血糖症」「乱高下型低血糖症」の3つに分類している。
「反応性」タイプは、糖分の摂取後、いったん上がった血糖値が急激に下がり、3時間経過後は空腹時よりもさらに低くなる。急激に低下する血糖に対し、体は血糖を上げるコルチゾールやノルアドレナリンといったホルモンを総動員する。これらのホルモンが交感神経を緊張させるため、急にそわそわする、動悸がする、筋肉がこわばるといった症状が出る。
糖分を取っても血糖が上がらず、ほぼ横ばい状態を示す「無反応性」は、狼1号体や頭を動かすエネルギーを作り出せず、いつでも体がだるくて疲労感が強いのが特徴だ。特に10〜30歳代前半の若い人に多いという。
長田センターへのお問合せ
被災者生活支援長田センター